誕生日やお祝いごとで花束をいただいたけど、

どうしていいのか分からない。

大切な人から花束を頂いたので、

少しでも長持ちさせたい!

 

という方のために、花束の生け方をご紹介します。

 

お花を長持ちさせることは、

お花を楽しんでいただくための第一歩。

 

ドライフラワーにすることもよいですが、

ここでは生花のままお花を楽しむ方法を
ご紹介させていただきます。

 

HenryDean(ヘンリーディーン)の花瓶

 

 

01. もらった直後

花束をいただいた後、

お持ち帰りや保管をされる時に

 

花束は逆様にして持ったり

斜めにしすぎたりしてしまいますと

 

中から保水の水がこぼれてしまい、

お花の元気がなくなったり

せっかくのラッピングが濡れたり

してしまうことがあります。

 

まずは、

 

・出来る限りまっすぐ持つ
・まっすぐ立てかけて管理

 

を意識してみてくださいね。

 

 

また、お花をいただいた時の

ラッピングされた状態はとても綺麗ですが、

お花を長く楽しむという観点から考えると

お花にとっては良くありません。

 

生花のまま楽しむ際は

ラッピングを外すところから

スタートしましょう。

 

ラッピングの解き方

 

 

①    まずは花束のリボンを外します。

 

② リボンを外すとセロハンテープで

足元を止めています。
(セロテープで止めていない場合もあります。)
テープも外すか、ハサミで切って下さい。

 

③ セロハンを外して下さい。

 

④ 花束のラッピングペーパーを外すと

保水シートもしくは
エコゼリーという保水のゼリー状の物と

それらを包む袋が見えます。

 

⑤ 袋を外して下さい。

 

⑥ 保水シートやエコゼリーも外して下さい。

 

 

これでラッピングが解けました!

 

 

02. お花を生ける

ラッピングが解けたら

さっそくお花を生けていきましょう。

 

生ける際には

 

・フラワーベース(花瓶)

・はさみ

・お水

・延命剤(あれば)

 

を用意します。

 

今回は

・花束のアレンジをそのまま飾る方法と

・自分でアレンジをしながら生ける方法の

2種類の生け方をご紹介しますね。

 

生け方1:花束をそのまま飾る

 

花束のアレンジを

そのまま楽しみたい方向け

 

花束の生け方

⑦ 花束の中で一番茎が短いお花を

確認してください。(画像矢印部分)
花瓶に活けるときは

必ずこの茎が水に浸かるように注意しましょう。

 

⑧ 花束の茎が全部入る花瓶を用意しましょう。

 

⑨ ⑦で確認した一番茎が短いお花のことを考えると

少なくとも水色のラインまで水を入れましょう。

 

花束の生け方

⑩ 水を入れます。

この時、切り花専用の延命剤を

お持ちでしたらお入れください。

 

⑪ 茎が花瓶から

はみ出さないように入れてください。

 

⑫ 完成。大切なお花は大切に飾りたいですね。

 

 

生け方2:自分でアレンジして飾る

 

花束の一部のお花が枯れてしまったり、

いろいろな場所にお花を飾りたい方向け

 

①②お花を束ねてあるヒモを解いてください。

 

③ ヒモを外した所でそのまま、

一度テーブルに置いて下さい。

 

 

④⑤ お花を種類ごとに別けていきます。

この時枯れているお花があれば避けて下さい。

 

⑥ お花ごとに別け終えたら、

お花の頭を揃えて極端に茎が長いお花は
茎を切って各種類のお花の長さを揃えて下さい。

 

お花の長さが揃えば
花瓶に入れるとシンプルかつ

オシャレに飾ることができます。

 

⑦ 花瓶ごとに別けて飾って下さい。

花瓶が足りない場合は
同系色のお花を一緒に入れて飾ってみてください。

グリーン(葉物)を少しずつ足して

飾るのもオシャレに飾るポイントです。

食卓や玄関、お手洗いなど分けて飾ってみましょう。

 

⑧ お花はあるだけで私たちの心を癒してくれます。

 

03. 水換え

お花を生けたあとは

定期的に水換えをしてあげましょう。

 

お水は水道水で大丈夫です!

 

 

水換えの頻度は季節によって変わりますが、

 

夏なら1~2日に1度

春・秋なら2日に1度
冬なら3~4日に1度

 

のペースで換えてあげると

お花は長持ちします。

 

水換えのタイミングで、

茎の足元を切る(水切り)と

新鮮なお水が

またしっかりと吸えるようになり(水揚げ)

お花がより長持ちするので

こちらもぜひトライしてみてくださいね。

 

水揚げ・水切りの方法

 

水換えのタイミングで

茎の足元を切ってあげましょう。

(お水の入口を綺麗にしてあげます)

 

この時、茎の切り口を斜めにして
水との断面積を広くしてください。

(お水をたくさん吸えるようにします)

 

水を貯めて水中で斜めに切ってあげると

お花にとってさらに良いです。

(茎の中にある水道管の乾燥やダメージが防げます)

 

 

大切な想いが込められたお花を

大切に楽しみましょう...♪

 


 

大切な人からもらった花束は、

飾る花瓶にもこだわってみませんか?

 

まるでお花のためのドレスのような、

美しく繊細なガラスブランド

「ヘンリーディーン」の花瓶をご紹介します。

 

 

GROUND

 

ヘンリーディーンの花瓶について

ヘンリーディーン・花瓶 >>

ヘンリーディーンとお花が生み出す
「ガラス×お花」の
ちょっとアーティスティックで

おしゃれなインテリアをお楽しみください。

 

GROUND(グラウンド)サイト

GROUND TOP >>

ひとつひとつ心を込めて手作業でお作りしている

グラウンドのお花をぜひご覧下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事