2. 大切な人の結婚式に参加できない私

大切な人からの結婚式の招待状は
何度もらっても どきどきわくわくするものです。

 

その一方で、泣く泣く「欠席」に

丸を付ける時もあるかもしれません。

 

結婚式へ行けない時、
招待状を出した人はもちろん
自分自身も残念な気持ちになります。

 

「おめでとうの気持ち」も

どこか罪悪感があり素直に伝えられなかったり
気を遣ってなんだか顔を合わせにくかったり

なんてことも。

 

そんな経験、みなさんはありますか?

これから経験される人も多いかもしれません。

 

そこで、考えてみました。

 

どうしたら結婚式に行けなくても、
お互いに気持ちよく笑顔で

結婚式を迎えられるのか?ということを。

初めての「欠席」

おめでとうとごめんねの気持ち

仲の良い友人の結婚式に招待された私、

けれどどうしても都合がつかない。
結婚式に欠席したことなんてない。

 

そんなとき、どんな気持ちになり、

どうすればいいのか、
私自身の経験をもとにご紹介したいと思います。

 

結婚式 祝電

 

私が初めて行けなかった結婚式、
招待状の送り主は中学から仲の良い友達でした。

 

中学から高校まで、同じ部活で同じ学校に通い、
毎日のように一緒に過ごしていた彼女とは
「結婚式の話」をしたことがありました。

 

将来どんな結婚式をあげたいかを

話し合っていたあの時、

 

彼女は
「スピーチはお兄ちゃんで、ドレスはこれで、

あなたの席はここ、両親への手紙はなにを話そうかな。」

 

そう言いながら手紙の文章を考え始め、

感動した彼女はひとりで泣きはじめたのです!

 

その時の涙が、面白くて愛おしくて、

笑いながらなぐさめた記憶があります(笑)

 

感性豊かな彼女はきっと、心温まるような

素敵な結婚式をするに違いないと思いました。

 

だからこそ、

彼女からの招待状と目が合うたびに

残念な思いが増していきます。

 

今まで私が結婚式を欠席した経験がないこともあり

「欠席」に対する不安も募りました。

 

式を断るなんて、本当にいいのだろうか…。
傷ついたり嫌な思いをしたりしないかな…。
お祝いはしたいけど、なんて声かけよう…。
顔を合わせるのが気まずくなるかな…。

 

心の中で、

申し訳なさからくるネガティブな感情と
自分のことのように嬉しいという幸せな気持ちが

ぐるぐると渦を巻きます。

 

きっと、結婚式に行けないとき
そんな思いを持つ人も多いのではないでしょうか。

 

想像するだけでなんだか心苦しくなります。

 

そんなときは…

結婚式 招待状 欠席

招待をしてくれたことに対する感謝と、
式へ行けないことへのごめんねの気持ち、
それから大切な人の結婚という

幸せの気持ちを伝えるため、
招待状に返事をして、

お詫びの連絡を入れる人は多いかと思います。

 

もちろん私もすぐに電話をしました。

けれどそれだけでは物足りませんでした。

 

心から湧き上がるこの幸せな気持ちと、
どうしても参加したかったという強い思いを
何か別の方法でも

届けることはできないかなと思ったのです。

 

そこで、「祝電を贈ろう」と思いつきました。

 

けれど祝電を贈ることは初めてです。
本当に贈っていいのかな、
マナーとかあるのかな、
と、次々と疑問や不安が出てきました。

 

次回は、そんな不安と

わたしの贈った祝電についてご紹介します。

 

 

→3回目「祝電(電報)で届けるおめでとうの気持ち」へつづく

 


 

祝電専用サイト

ウェディングギフトをお探しの皆さまへ、

ぴったりのお花をご提案させていただきます

 

GROUND(グラウンド)サイト

ひとつひとつ心を込めて手作業でお作りしている

グラウンドのお花をぜひご覧下さい

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事