アロマテラピーに欠かせない「精油」。

植物のエキスを凝縮したオイルなので
栄養がたっぷりと含まれていて
抗菌作用・美容・ダイエットなど
体を健康にしてくれる効能があると言われています。


初めて使うときは、どうすればいいの?と不安になるときがありますよね。
でもアロマオイル(精油)の取り扱いは全然難しくないんですよ。

今回は、だれでも安全に使っていただけるように
ご使用上の注意をまとめてみました。

ぜひアロマオイル(精油)を使う際のご参考にしてみてくださいね。

アロマオイル(精油)の基本については
前回のブログでも書かせていただいてるので
よろしければこちらもご覧ください。

原液を直接肌につけない

手

精油は植物の香り成分を
ぎゅっと凝縮しているので
そのまま原液が直接肌に触れると
強い刺激を与えてしまいます。

中には光毒性があるものも。

やけどのような炎症を起こしたり
シミのように跡が残ってしまうこともあるようなので
香りを選ぶときに注意してみると良いですね。

その他にも、使用用途によって原液の量が違ったり
アルコールなどの液体で薄めて使う場合などが
あるので、確認してから使うと安心ですよ。

お子様・妊娠中の方は確認してから使用する

こども

3歳未満のお子様は
「アロママッサージ」や「アロマバス」など
直接肌に触れるような使用は良くないそうです。

それよりも刺激が強い原液は
特に置き場所に注意が必要です。

ついついリビングなど
手にしやすい場所に置いてしまいがちですが

親が楽しく使っているのをみて
お子様がこ~っそり
キラキラと輝く瓶に手を差し伸べる。

ということもあるかもしれません。

アロマオイル(精油)はお子様の手に届かないところに 。

使ったあとは必ず戻す場所を決めて
習慣を心がけると安心ですね。

また妊娠中の方は
体が変化してデリケートな時期。

香りに敏感になったり
種類によっては効能が効きすぎてしまったり
いつもと感じ方が違う人もいるかもしれません。

少しでも体調がおかしいと思ったら
まずは、お医者さまに相談。

体に合ったアロマオイルを選んで
おなかの赤ちゃんと一緒に
楽しんでみてくださいね。

ペットにとって居心地が良い環境に

ペット

家族のように大切なペット。

人間には癒しの効果があっても
敏感な動物にとっては強い刺激になってしまいます。

例えば猫は
ハーブ系の香りに弱く
中毒を起こす場合があるそうです。

大事なペットも
使用場所を分けてあげると
「いつものおうちだ~」
と、安心してくつろげそうですね。

敏感肌の方はまずパッチテストを



アルコールで荒れたり
汗でかぶれやすい方は特に
アロマオイル(精油)を使って大丈夫かな
と気になりますよね。

はじめにもお伝えしましたが
精油は、植物のエキスを濃縮してるので刺激が強いので
発疹やアレルギー反応を 起こす場合も。

パッチテストは簡単にできるので
お肌が弱い方はもちろん、不安な方も
一度テストしてみてはいかがでしょうか。

パッチテストの方法

まず、1%濃度で作ったマッサージオイルを
二の腕の内側など皮膚が柔らかい場所に塗り
24~28時間様子を見ます。

赤みや発疹が見られる場合は
肌に合っていないサインなので
使用は控えてくださいね。

さいごに

香りで癒されたり、 心身が健康になると
家族みんなが笑顔になる。

自然と向き合っていると、そのパワーを感じる。

そんな風にアロマオイル(精油)の魅力を感じていただけると嬉しいです。


正しい使い方を知った次は
好きな香りを見つけて
家族みんなで楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事