こんにちは。
GROUND(グラウンド)のkei(けい)です。

アロマオイル(精油)をお部屋で使う場合
いつでも使えるように、手に届くところに置きたくなりますよね。

実はアロマオイル(精油)はとてもデリケート。

光や空気に弱く、置き場所を気にしてあげないと
すぐに劣化してしまいます。

劣化が進むと、香りが変化したり、効果が薄れてしまったりと
最初に買って開封した時よりも違いを感じやすくなります。

できるだけ劣化を減らすためには
保管場所を作ってあげれば大丈夫ですよ。

今回は、保管で気をつけることをまとめてみました。
すぐに実践できることなので、ぜひ試してくださいね。


アロマオイル(精油)の保管で気をつけること

冒頭でも言いましたが、アロマオイル(精油)はデリケート。

しっかりと保管場所をえらんであげると、環境が整い、品質も長持ちするんです。
良い香りと効果を長く楽しむために、3つのポイントをご紹介しますね。

1.涼しくて暗い場所に置く

花瓶に生けた花

アロマオイル(精油)は、高温な場所が苦手。
できるだけ日光が当たらず
涼しい冷暗所(例えば光の当たらない涼しい戸棚など)を選んで保管することがおすすめです。

特に夏場は暑いので心配になりますよね。
そんなとき、ついつい冷蔵庫に入れたくなりますが
出した時の温度差で劣化する場合があります。

冷暗所で充分です。
植物を育てているような気持ちで
涼しい場所を選んであげてくださいね。



2. 湿度の高い場所は避ける

アロマせっけん

アロマバスやスキンケアに用いる場合は
ぱっと使えるように浴室や洗面台などの
水回りに置きたくなりますよね。

しかしアロマオイル(精油)は湿気も苦手。
湿気を吸ってしまうと成分が薄まり、劣化の原因につながるので
浴室は避けるか、湿気のない場所を選んであげると良いですよ。

3.開封後は早めに使い切る

なんといっても天然成分100%。
防腐剤や酸化防止剤が入っておらず
空気にふれるほど酸化が進むと言われています。

酸化することで香りも変化していくので
目安として、 一度開封したら1年以内に使いきってあげてくださいね。

そして使うときは
アロマオイル(精油)の瓶を振らずに優しく使うことも大切なんです。

空気とオイルが混ざらないように
自然とオイルが落ちるような感じで扱ってあげると安心ですよ。

使ったあとは、キャップをしっかりしめることも忘れずに
保管場所へ戻してあげてくださいね。

さいごに

アロマオイル(精油)は、植物からほんの少ししか得られない貴重なエッセンス。
お値段も少し高価なので大切に使ってあげたいですよね。

香りの種類が増えてきたときは、専用のアロマボックスに入れると便利ですよ。
ぜひ、おうちの中で一番居心地の良い場所を探してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事