ブリザード?ブリザーブド?プリザーブドフラワーとは?

みなさん、こんにちは!

GROUND(グラウンド)の大谷です。

私たちGROUND(グラウンド)は、

神戸のお花屋さんで

プリザーブドフラワーを専門に扱っています。

みなさん、プリザーブドフラワーと聞くと、

どんなイメージを思い浮かべますか?

冷凍されたお花、人工のお花、

固まっているお花、魔法のお花、などなど…。

よく耳にはするけど、いったい何だろう…

という人も多いのではないでしょうか?

今回はそんな「プリザーブドフラワー」について

簡単にご紹介したいと思います!

「ブリザードフラワー」

「ブリザーブドフラワー」

「プリザード」など、

よく名前を間違われるお花ですが、

読み方がなんだか難しいですよね。

中でも「ブリザードフラワー」と

呼ばれることが多いような気がします。

濁点と半濁点がいっぱいあるので、

私も初めは

よく目を凝らして読んでいました。(笑)

正確にはブリザードフラワーでも

ブリザーブドフラワーでもなく、

「preserved flower:プリザーブドフラワー」。

日本語で「保存されたお花」という意味を持ちます。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、

実は、

プリザーブドフラワーは「生花」なんです!!

…ではどうして枯れないの?

というと、

特殊な液体でお花の細胞の仕組みを

変えているからなんです。

なので、みずみずしさはそのままに

美しい姿を保ったまま生き続けられるんですね。

生花の場合は1週間も飾れば

だんだんと元気がなくなってしまいますが、

プリザーブドフラワーなら1~2年、

環境が良ければ3年以上綺麗な状態が続きます。

また、一度脱色してからお花に色を付けているので、

色の濃淡や雰囲気も変えることもできます。

例えばこのフラワーボックス。

同じピンクのバラでも…、

ブリザーブド ブリザード プリザーブドフラワー

掲載商品:Wedding box -rose- >>

可愛らしいビビッドなピンクから

桜のような優しいピンク、

アースカラーのようなくすみがかったピンクまで

このボックスだけでなんと

3種類のピンクがあります!

色の違いが本当に絶妙で、

もっともっとたくさんのピンクがあると思うと

プリザーブドフラワーは

とっても奥深いですね (゚0゚)!

GROUND(グラウンド)では

「お花が持つ優しさやぬくもりが

さらに引き立つように」という想いから、

派手すぎず地味すぎない、

けれど上品な雰囲気がある

シックな色合いのお花を多く扱っています。

そんな美しい色のお花が、

一番綺麗な状態を保ったまま

何年も生きているなんて

なんだか本当に魔法みたいですね…。

そんな魔法のようなお花・プリザーブドフラワーで、

みなさんにたくさんの笑顔や

幸せのお手伝いができますよう、

今日も心を込めてお花を

お作り・お届けさせていただきます!

プリザーブドフラワーについてもっと詳しく見る >>


GROUND(グラウンド)サイト

ひとつひとつ心を込めて手作業でお作りしている

グラウンドのお花をぜひご覧下さい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事