77歳のお祝い、喜寿。

 

喜寿のイメージカラーは紫とされ、

いつの時代も喜寿祝いの贈り物は紫色が人気でした。

 

 

お花に花言葉があるように、

色にも色言葉というものがあり、

 

紫色には「尊敬」や「優雅」「気品」といった意味が

込められているといいます。

 

 

おばあちゃんに贈る喜寿祝

 

思えば、私も小さいころから

尊い存在(幼いなりになんだか凄さを感じていた)だった

おじいちゃんおばあちゃんは、イメージカラーが紫だったような

 

優しいピンク色を深くして、落ち着いた青色を淡くした、

そんな不思議な中間色「紫」は

おじいちゃんおばあちゃんの雰囲気にそっくり。

 

自分の何倍もの時間を生きてきたふたりの

包み込むような温もりと安心感が

そんなイメージを生み出していたのかもしれません。

 

 

GROUNDが敬老の日に向けて

ご用意するお花も紫色がメインでした。

 

スタッフの間で、

上品で優しいという印象から

自然と紫色のお花が多くなっていったのを覚えています。

 

喜寿祝いに贈るお花のアレンジメント

 

実際に、日本ではその昔

紫色は染料が珍しくなかなか生産できなかったため、

地位や各位の高い人だけが

身につけることができた色だと言われています。

 

紫は品の高さを示していたんですね。

 

 

 

さらに紫色が人に与える印象や効果としては

 

・高貴

・落ち着き、リラックス

・上品

 

などなど。

 

ベッドサイドに紫色のインテリアを置くことで

安眠効果が得られるというのも、

この紫の効果のおかげなんです。

 

 

まさに品や優しさを表す紫。

私たちの感覚はあながち間違ってはいませんでした

 

喜寿祝いに贈るミニブーケ プリザーブドフラワー

 

長寿のお祝いでは

喜寿の他にも90歳のお祝いとしても紫色が贈られています。

2回も出番がある色はなんと紫色だけ!)

 

 

神聖で美しい色、紫。

 

 

77歳というおめでたい年に、

尊敬の想いを込めて紫のアイテムを贈られてみてはいかがでしょうか?

 

 

最後に、GROUNDでご用意している

紫のアレンジメントをご紹介致します!

 

GROUNDらしいシックな

落ち着きあるデザインの中に、

紫のもつ優しさや上品さを感じてみてください。

 

喜寿祝いに贈るお花の時計 プリザーブドフラワー

フラワークロック>>

 

喜寿祝いに贈るお花のアレンジメント

フラワーアレンジメント>>

喜寿祝いに贈るミニブーケ プリザーブドフラワー

ミニブーケ>>

 

GROUND(グラウンド)サイト

その他にもたくさんのお花をご用意しております

ひとつひとつ手作業で作る、

私たちの想いをぜひご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事