母の日の定番「花」ですが、
なぜ感謝の気持ちを伝えるために
「花」が贈られているのでしょうか?

こちらでは母の日に贈る花に注目して
「母の日の花贈り」の起源や由来を
ご紹介させていただきます。



いつから人は花を贈るように?


母の日の花贈りの由来・起源

「お花に想いをのせる」という習慣の起源は様々ですが
一説によるとそれは古代から始まっていました。


イスラエル北部にある
古代の墓地の土から花や茎の痕跡が発見され、
お花が供えられていたのでは、と言われているのです。


そしてその墓地がいつの時代のものかというと、
なんと約1万2000年も前のもなんだとか…!


こんなに昔からお花は様々な想いを
届けていたのですね…奥深いです。




母の日の起源・由来


母の日の花贈りの由来・起源

5月の第2日曜日とされている日本の母の日は、
アメリカの母の日に由来しています。


母の日の始まりは
アメリカのアン・ジャービスという女性。


彼女は貧しい人々や戦争で傷ついた人々のために、


募金活動や教育支援、食事・健康面でのサポートなど
様々な社会活動を「母の仕事」と称して行いました。


そして1905年5月9日、永い眠りにつきます。


その2年後、彼女の娘のアン・ジャービスは


お母さんが働いていた教会に
亡き母を思い、お母さんの好きだった
カーネーションをお供えしました。


人々から母のように慕われていたアンナと、
そんな母を想い愛する娘のアン。


温かな気持ちを持った親子の人生と行動が
現在の母の日の起源だと言われています。




母の日のカーネーション


母の日にカーネーションを贈る意味

母の日の定番の花、
カーネーションの花言葉は『無垢で深い愛』。


お母さんと子供の深い絆を表すかのような花言葉は、
母の日にもぴったりですね。


日本では母の日のカーネーションといえば
「赤」が定番ですが、

カーネーションは色によって
花言葉が異なることをご存知ですか?


代表的な色の各花ことばは…、


赤:母への愛
ピンク:感謝・温かい心
紫:気品・誇り
オレンジ:情熱・純粋な愛
白:尊敬・亡き母を偲ぶ


もちろん、
その他にもたくさんの色と花言葉があります。


花言葉にとらわれずに
お母さんの好きな色を選ぶのも素敵ですね…♪


また、カーネーションだけでなく

最近では様々な種類のお花が
贈られるようになりました。


例えば...、


あじさい:家族だんらん・元気な女性
バラ:愛・美
ガーベラ:希望・常に前進


花言葉はもちろん、時期が旬のお花や、
可愛らしかったり、エレガントだったり、


贈る相手のイメージや雰囲気に合わせて
見た目で選ぶのもお花の醍醐味です。




「想い」をのせて


母の日の花贈りの由来・起源

お花選びも大切だけど、
何より大切なのは、お母さんへの「想い」。

命あるお花たちはどんなお花も、
あなたの代わりとなって
お母さんのもとへ「想い」を届けてくれます。


どんなお花が好きかな?
この色似合いそう!
この花言葉、お母さんっぽいかも。


顔を思い浮かべながら、
お母さんのために費やす時間。

そう、お花を選んでいる時から
母の日はもう始まっています。

今年の母の日、みなさんはどんなお花を選びますか?



母の日関連記事一覧

その他の母の日に関する
スタッフブログや豆知識はこちら▼



GROUND


GROUNDの母の日ギフト

枯れないお花・プリザーブドフラワーで
母の日を素敵に彩ってみませんか?

母の日特集 >>



GROUND(グラウンド)サイト

GROUNDでは様々なデザインの
プリザーブドフラワーをご用意しております。

ひとつずつ心を込めて手作業でお作りしている
GROUNDのお花たちをぜひご覧下さい。

GROUND TOP >>




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事