みなさん、こんにちは!

GROUND(グラウンド)の鳥豆(トリマメ)です。

 

GROUND(グラウンド)が専門に取り扱っております

プリザーブドフラワーは

まるで生花のような美しい姿が

水やりなどのお手入れ不要で

長期間楽しんでいただけることで人気です!

 

1年から2年は綺麗なままでいてくれるのですが

ちょっとした注意点で

さらに長く十数年と楽しんで頂くことも可能です!

 

大事な方から頂いたプリザーブドフラワーなら

なおさら、長く綺麗なままでいて欲しいですよね。

 

 

本日はプリザーブドフラワーの取り扱いと

長持ちする方法をご紹介いたします!

 

 

プリザーブドフラワーは高温多湿がとっても苦手。

適切な湿度は30%50%程とされています。

 

湿度が50%を超えると

加工の際に吸わせた着色料が

液体化し滲んできてしまうことがあり、

これが変色や色移りの原因となります。

 

また、直射日光やエアコンの風に

当てないことも大事です!

 

強い紫外線による直射日光は

お花の色あせを

エアコンの風は乾燥による

花びらのひび割れを

起こしてしまうことがあります。

 

これらの環境からお花を守ることが、

プリザーブドフラワーを

長持ちさせる方法となります。

 

湿度の多い雨の日には

窓側から離し除湿されたお部屋になど

人間が快適に過ごせる空間に

その都度移動をさせてあげたり、

 

強い直射日光が当たるところや

エアコンの風が当たるところは

避けて管理してください。

 

クリアケースなどに入れることで

これら苦手なものから

少しでも守ってあげることもできますね。

 

壁掛けができるフレームタイプのものや

ガラスカバーのあるクロックタイプのものだと

場所もとらずお花も守られていいですよ!  

 

 

みなさんの家族となったプリザーブドフラワー、

1日でも長く綺麗なままでいてくれますように

今日からさらに気にかけてあげてくださいね(^^)

 


 

GROUND(グラウンド)サイト

ひとつひとつ心を込めて手作業でお作りしている

グラウンドのお花をぜひご覧下さい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事