長寿のお祝いとなると、

「満年齢」と「数え年」の2種類を

耳にすることが多いかと思います。

 

「一体何歳でお祝いしたらいいの?」

とお悩みの方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

こちらでは、満年齢・数え年の

それぞれの違いをご紹介いたします。

 

満年齢と数え年の違いは?

 

満年齢と数え年は、

それぞれ年をカウントするタイミングが異なります。

 

 

満年齢

・誕生日を迎えたときに年を重ねる

・生まれた日は0歳と数える

 

数え年

・元日に年を重ねる

・生まれた日は1歳と数える

 

 

例えば80歳の傘寿祝いの場合、

 

満年齢で祝うなら お誕生日を基準に80歳のとき

数え年で祝うなら 80歳のお誕生日を迎えるその年に

 

お祝いをすることになります。

 

書類を記入する際など、「満○○歳」といった表記を

見かけることが多いかと思いますが、

現代では「満年齢」が公式な年齢の数え方 とされています。

 

 

数え年と満年齢、どっちが正しい?

 

さて、「長寿祝いはどちらでお祝いするべきか」

という質問ですが、

実はどちらが正しいという決まりはありません!

 

 

昔からの習わしとしては

「数え年」が本来の長寿祝いとされてはいますが、

近頃は「満年齢」でのお祝いも

一般的となってきました。

 

 

地域の風習によっては

数え年が良いとされる場合もありますし、

 

家族や親戚が集まるお正月に「今年は傘寿だから」と

お誕生日を迎える前に

みんなでお祝いをされるご家庭も少なくないはず。

 

 

反対に、満年齢に合わせて

お誕生日に食事会やパーティーを開くのも

より特別な1日を過ごせそうで素敵ですね。

最近は天皇陛下の長寿祝いも

満年齢で行われるようになりました。

 

 

正確な決まりはないので、年齢にはこだわりすぎずに

地域の風習やご本人・周りの方の予定に合わせて

お祝いをされてみてはいかがでしょうか?

 

 

※還暦は数え年で61歳、満年齢で60歳の時に

お祝いをするのが一般的とされています。

 

 


 

 

こちらの記事では各年齢に合わせた

長寿祝いにぴったりのお花をご紹介しております。 

ぜひご参考にご覧くださいませ。

 

GROUND(グラウンド)サイト

GROUNDではその他にも

たくさんのお花をご用意しております

ひとつひとつ手作業でつくる、

私たちの想いをご覧ください。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事